陰部の黒ずみを美白したい人へ

陰部の黒ずみに悩んでいる人は多いです。
そのため、流行しているのが医薬部外品の黒ずみクリームを使った美白です。

股の部分は皮膚が薄いので、デリケートゾーンとも呼ばれ、色が黒くなりやすいです。しかし、陰部が黒い女性はヤリマンや尻軽女と考えている人はたくさんいます。

  • 彼氏に股の黒ずみを指摘された
  • 水着を着ると黒い部分がはみでてしまう
  • 彼氏が本気で私のことを考えてくれない

などなど、陰部の黒ずみの悩みをかかえている人は多いです。
あるいはあなたも同様に陰部が黒いのがつらいなんてことはありませんか?

股が黒いことで得をするようなことはありません。彼氏ができたとしても経験人数の多い女として嫌がられることもあれば、ビキニを着ることもできなくなってしまうのですね。

どうにかして高額な美容皮膚科の治療ではなく、自宅で陰部の黒ずみを美白したいって人はご覧頂ければと思います。

おすすめの陰部の美白クリーム

おすすめの美白クリーム

今、人気の陰部の美白するクリームとしてはイビサクリームです。
イビサクリームはわたしも実際に使用をしていますが、肌への刺激について考えられて作られているのが特徴です。

もともと、ブラジリアンワックス脱毛を専門的に行っている脱毛サロン「ibiza」によってこの美白クリームは開発されました。
ブラジリアンワックスで脱毛をすると陰部が黒いことが目だってしまいます。

そのため、そこで初めて自覚をして美白をしたいって人が非常に多かったみたいです。
そこで作られたのがイビサクリーム。

陰部は皮膚が薄く刺激にめっぽう弱いのでデリケートな部分となっています。黒ずみの原因が刺激であることから分かるようにケアをするクリームにも刺激は厳禁です。そのため、デリケートな部分にも使うことができるように低刺激の成分を配合されています。

医薬部外品として厚生省からも認可されたクリームで陰部のようなデリケートゾーンを美白するクリームとして人気が非常に高いです。

イビサクリームの詳細へ

陰部の黒ずみを美白して解消する3つの方法

陰部の黒ずみの解消法は試してみたが、なかなかうまく薄くならないと言う人はたくさんいます。

  • 医薬部外品の黒ずみクリーム
  • 美容皮膚科での治療
  • ハイドロキノン・トレチノイン

1度黒ずんでしまうと中々解消出来ないのが黒ずみです。
簡単に薄く出来るわけではないにしても、時間をかけて少しずつ解消することは出来ます。

そもそもメラニンの生成が日々の刺激の積み重ねである為に、毎日の習慣や下着、クリームでのケアが必要になります。

とはいえ正しいケアを行わなければ意味がありませんので、より効果的な黒ずみの解消法についてお話いたします。

陰部の黒ずみを解消するには美白とメラニンの排出

黒ずみを解消させるには、1度生成されたメラニンを排出させる事です。
メラニンが角質の奥深くで発生するため、新しい肌をつくり出す事が重要です。

つまり黒ずんでしまった角質を、お肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーでおしだし排出するわけです。

新しいお肌が生成できれば、古い角質はアカとして排出されるために、黒ずみを薄くするためにはターンオーバーが必要不可欠なのですね。

ほかにお肌がカサカサになってしまうと刺激を受けやすくなってしまいます。
その為、少しの刺激でもメラニンが多く生成されてしまう事になりますので保湿も大切です。

黒ずみを解消するにはターンオーバーの促進と保湿が必要となるのですね。

それでは具体的な解消法をいくつかご紹介いたします。

医薬部外品の黒ずみクリームでの美白法

医薬部外品で陰部のようなデリケートゾーンに使えるように、低刺激となっているクリームです。
価格面を考えるとほとんどの人はこの黒ずみクリームを使っているのではないでしょうか?

昔とは違い美白成分が配合された黒ずみケア用のクリームとなっています。

一昔前は乳首をピンクになどで、パウダーが着色をして色を変化させるのがありましたが、それとは違い美白成分が配合されたきちんとした医薬部外品です。

最近だとTVで紹介されたりもしているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

顔用の美白クリームとは違い、陰部や脇など皮膚の薄い場所に使えるように、低刺激を考えて作られています。
人気のだと医学誌でも掲載がされたりと、口コミでも評判は良いと悪いで極端に分かれていることもあります。

そのため、使う前にはできるだけ評判などを確認するのがおすすめです。

ハイドロキノン薬を使用しての解消法

ハイドロキノンは米国ではその美白効果が認められ治療薬として使用されています。
ですが効果が高いために注意事項や副作用も多く、日本では2%を超える濃度のものは医師からの処方が必要となります。

そしてヨーロッパでは高濃度ハイドロキノンは発ガン性が指摘され使用が出来ないのが現状です。

それではハイドロキノンの効果とはいかなるものなのでしょうか。

ハイドロキノンは1度蓄積された、黒ずみの原因であるメラニン色素自体を減らすことができます。

そしてメラニン色素の生成も押さえられる成分となっています。

ただし白斑というお肌に真っ白の斑点が出来てしまうなど、副作用もありますので使用の際は必ず医師との相談が必要となります。

陰部の黒ずみクリームランキング

おすすめの陰部の黒ずみクリームをランキングで紹介をしています。

ここで紹介をしているのはどれも医薬部外品となっており、有効保湿成分が配合されているのになります。
それぞれの黒ずみクリームは評判は良い物の、特に特定の部位に人気があったりと別れています。

その点も紹介をしているので参考にして頂ければと思います。

イビサクリーム

イビサクリーム

脱毛サロンが開発したクリームとして人気なのがイビサクリームです。

もともとデリケートゾーンを専門的に扱う脱毛サロンによって作られたこともあり、陰部用として低刺激にこだわって作られています。

黒ずみの原因となっているメラニンの生成を抑制する美白成分のトラキネムサム酸と肌荒れを防止するグリチルリチン酸2Kを配合しています。

また、4種類の植物成分を配合するなど、とにかく低刺激にこだわって作られています。敏感肌の人で肌荒れを引き起こしやすいって人にならイビサクリームがおすすめです。

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム

乳首や陰部の黒ずみに使える美白クリームとして人気なのがホワイトラグジュアリープレミアムです。

2年連続でモンドセレクションにも受賞をしており、2016年・2017年の共に人気があります。また、口コミ総選挙アワードでも美白部門での受賞やTV番組でも紹介されたなど、評判が高くなっています。

最大の特徴として浸透力の異なる3種類のビタミンを独自処方している点です。

角質層・基底層・真皮層と肌の表面から奥の方へと浸透力の違う成分がそれぞれ浸透をしていきます。そのためか効果に満足している人が非常に多いです。

私も実際に使ったことがあり、陰部や乳首の美白クリームならこれがおすすめとなります。

デリケートゾーン訴求

ピューレパール

脇の黒ずみクリームとして大人気となったのがピューレパールです。

脇の美白クリームとして人気とはなっていますが、全身に使うことができるように低刺激となっています。

高級化粧品にも配合されていることの多いプラセンタをはじめトリプルヒアルロン酸やトリプルコラーゲンなどを配合しており、潤い成分をたっぷりと凝縮したクリームとなっています。

とにかく保湿に力を入れているのを感じることができるクリームとなっています。

陰部だけでなくワキの黒ずみも気になるって人であればおすすめすることができるクリームです。

皮膚科で行えるレーザー治療での解消法

レーザー治療は1度蓄積された黒ずみの原因であるメラニンを減らし、くすみの解消とシミの解消が可能です。

ただし非常に高額で1度の治療では1万円から2万円程度必要となるうえ、通院の必要があります。
そのためトータルで考えると10万円から20万円の費用を必要となってしまう事もあります。

また医師の技術も大変必要となる為に、評判のいい皮膚科を選ぶのも重要となります。
それだけでなく副作用である炎症が、原因である色素沈着を起こしてしまうこともあるために注意必要です。

即効性があり効果も高いのがレーザー治療です。
ただし費用と副作用を考えると、時間をかけてでも安全性が高い方法を選ぶのが重要なんですね。

オススメの陰部の美白解消法

陰部専用の黒ずみ解消クリームの使用が一番、副作用の心配もなく良いでしょう。
黒ずみ解消に数ヶ月必要なものの通販のクリームであれば数ヶ月分の定期コースが割安であることも多いです。

ハイドロキノンやレーザー治療は即効性も高いですが副作用を起こしてさらに悪化させてしまったと言う声はネット上にも多く上がってきています。
最悪の場合は黒ずみが悪化したり、白斑(お肌が真っ白の斑点が出来てしまう)できてしまうこともあります。

費用面と副作用を考えても、通販で販売されている陰部黒ずみ解消クリームが安全で効果的だと言えるでしょう。

陰部の黒ずみの原因!なぜ色が黒くなる?

陰部の黒ずみの原因はメラニン色素の蓄積が原因です。
メラニン色素とはお肌を刺激から守る役割をもつ物質となります。

お肌は刺激を受けることで、角質層のメラノサイトでメラニンを生成します。
このメラニン色素が排出されずにお肌に残ると、陰部がどんどん黒ずんでいくと言うわけなんです。

刺激の原因はいくつかありますが、陰部の黒ずみの場合は以下の可能性が考えられます。

歩行時の股ずれ

歩行によりしだいに陰部がスレ摩擦を受けます。
この毎日の陰部ずれによる刺激が元で、メラニン色素が日々分泌されるというわけです。

肥満であればさらに刺激が多くなってしまいます。

この結果陰部にメラニンが蓄積され、陰部が黒ずんでしまいます。
とはいえ歩行をしないと言うわけにはいかないので、下着の選び方を気をつけることが黒ずみを薄くする近道とです。

毎日歩くだけで摩擦を与えてしまうのが陰部です、もともと角質層が薄く黒ずみやすい部位なんですね。
歩き方に気にかけることでは解消できない為、下着の見直しをした方が良いと言うことなんですね。

下着の摩擦や締め付け

歩行時の下着との摩擦や締め付けは、陰部に刺激をあたえてしまいます。
1日だけの刺激なら、たいしたことはありませんが下着は毎日着用するものですね。

日々刺激を与え続けることになりますから、黒ずみの原因となってしまうんですね。

そのため下着は自分のサイズに合うものを選びましょう、少しの締め付けも毎日つみかさねると大きな刺激となってしまいます。

生地はなるべく摩擦の少ないシルクや綿が良いです。
またボクサーパンツにすることでも陰部の刺激を解消できます。

毎日つける下着は日々刺激を与えてしまいメラニンが蓄積されることで黒ずみの原因となっているのですね

サイズや生地、ボクサーパンツにすることで黒ずみの原因を解消できるのですね。

お風呂でのゴシゴシ洗いや洗いすぎ

お風呂でのゴシゴシ洗いは、陰部に刺激を与えてしまうため、メラニンが発生してしまいます。
陰部の黒ずみに悩む人事により、洗うことで綺麗に出来ると思い、ついゴシゴシ洗いになってしまう人も多いです。

綺麗にしようとしてやったことが逆に黒ずみを悪化させてしまってはいけませんので絶対にやめましょう。

陰部の黒ずみには様々な原因がありますが、とにかく刺激を与えないと言う事が重要なのですね。

メラニンは1度生成してしまうと、排出が簡単にできるわけではないために注意が必要なんですね。

最近の記事

  1. 陰部の黒ずみを美白ケア

    陰部の黒ずみにピーリングの効果!デリケートゾーンへピーリングのリスクも解説!
  2. 陰部の黒ずみの原因

    陰部が乾燥してかゆい!カサカサした陰部への刺激は色が黒くなる
  3. 陰部の黒ずみの原因

    股が黒ずむ原因は下着にあり!下着のこすれは肌への刺激になる
  4. 陰部の黒ずみを美白ケア

    陰部が黒い人とそうでない人の違い!未経験の女性でも陰部は黒くない
PAGE TOP